痛かった?

10-05,2017


もう今は元気にしてますが、少し前ミルの元気が無くなりました。
嘔吐も下痢もありませんでしたが、食欲が無くとにかく動きません。

敷居になってました。



心配したミル父がベッドごとご飯見学に誘いました。
迷惑そう。

つれてこられた



すぐに獣医さんに行き、あちこち検査。
あたりをつけて投薬治療することになりました。

先生の超超ロング説明を膝の上で一緒に聞きます。



もちろん説明中は診察台にアゴ乗せ。

先生に途中 時々撫でてもらってました。


幸いその日のうちに食欲は戻り、翌々日には元気に走り回れるようになりました。
気候が安定しないときは注意が必要ですね。

スポンサーサイト

イボ取りました

06-14,2017


少し前に局所麻酔でイボを取りました。
事前準備としてシャンプーに行き、できるだけ汚さないように過ごしました。



迎えに行ったとき喜んでましたが、その後はご機嫌ななめで抱っこ拒否。
孤高ミルさんの始まりです。



家に帰ってからもクレートに籠城。

ひとりに なりたいねん


ミルは気にいらない(勝てそうと思われる?)先生には歯を剥きます。
昨年の健康診断では若い先生に刃向かったみたいで
なぜかエリザベスカラー装着で帰ってきました( ; ; )


なので、ちょっと不安がなくもなかったのですが、
幸いかかりつけの先生や看護師さんの前ではいつも大人しくしているので
局所麻酔で何の問題もありませんでした。
手早く処置していただきありがとうございました。


帰宅後テンションは極めて低く玄関から動きませんでした。





ご飯の見学に来ないのでミル父が心配します。
(ミルは撮影している私を睨んでいるような‥)



普段から↓のように玄関入ったところの番台ポジションにいることの多いミルですが
こんなに一箇所に留まって動かないことはありません。

みはり やねん


さすがに麻酔が切れて痛いかも?と心配だったので
ミル母はこの日は玄関に布団を敷いて寝ました。
なかなか寝付けないようでしたが、夜中に背中をトントンすると
眠りについたので添い寝して良かったと思いました。


翌日も日課のご飯見学もせずカーテン裏に。




この状態をうちでは「紗がかかる」と言ってます。

だから ひとりに なりたいねんて


前日に引き続き玄関で添い寝した(つもりの)ミル母。
ですが、翌朝目覚めるとミルは自分のハウスで寝ていて
結果的にミル母は誰もいない玄関でひとり寝ていました(^^;;
起きたときちょっと寂しかったですが、
良いのですよ、元気になったのなら。


手術2日後に傷のチェックを受けました。
問題無しで、ひと安心です。
避妊手術のときはセルフ抜糸してしまったミルですが
今回は傷を気にすることはなかったので
エリザベスカラーや洋服は要らなかったと後から思いました。


念のためにつけたエリザベスカラーはアゴ枕として活躍してましたが




買っただけで結局着なかった洋服。
もったいないので、一応着て記念撮影してみました。

固まるので撮りやすかったです(^^)
獣医さんに「足もカバーする服がいいよ」と勧めらたのでカバーオールにしました。



↓思いのほか毛刈りの範囲が広くて、トリマーさんのおすすめで
コートを切らないでおいて良かったです。

傷は小さいと評判の先生なんですが、毛刈り範囲が広かった‥。



気休めにコートで隠してみました。




絆創膏のおかげか、セルフ抜糸することなく
無事に先生に抜糸してもらい治療は完了です。
念のために受けた病理検査に問題はありませんでした。


ブラッシングするときにいつもイボが気になっていたので
局所麻酔で取ってもらえて良かったです。
ミル、頑張ったね(*^^*)

つかれた

おひげちゃん

11-26,2016


かなり前からのお話になります。
春ごろ気がつくとミルによだれ焼けが出来てました。
みるみると濃い茶色に定着してしまいました。

おひげ やねん


素人の当てずっぽうな勘ではフードが合わなかったように感じました。


獣医さんやトリマーさんのアドバイスに従ったり
自分でも色々試してみたところ半年くらいで白いお顔に戻りました。

きれいやろ



私は犬を飼い始めてから比較的日が浅くて
この犬種はこういうものだ、などと言うつもりは決してありませんが
似たような状況の方もいらっしゃるかもしれないので
教えてもらったことや感じたことを書き残しておきます。


* 診察ではミルの目周辺には問題はありませんでした。

* ミルの場合は目と口周り、お尻周辺が連動して着色してました。

* 獣医さんによると足先も色が付きやすいそうです。

* 多分一番の原因は食餌だと思います。(ミルの場合)

* 合わないと思ったフードはその時点でやめたほうがいいと言われました。

* 合うフードが良いフード、とのことでした。

* 着色が始まった頃、お腹がゴロゴロいって草を食べたりしてました。

* 胃腸の調子が悪くなったことはおひげと関連しているかもしれません。

* おひげ対策では口の中を清潔に保つことも大事だと思います。

* 外からのケア単独では限界があるように思いました。

* 口周りを安心して拭ける製品は多くなさそうです。

* 気候(気温)も原因として無視できないかもしれません。


よだれやけや涙やけは外観ではなく健康の問題だと
アレルギー専門の獣医さんに言われました。
(2種のアレルギー検査を受けましたが、結果は問題なしでした。)


色々書きましたが、〇〇が悪かったから△△して治りました!と
明快に言い切ってしまうことは残念ながらできません。
サプリの類も試しましたが、効果はわかりませんでした。
一番役に立ったかな、と思うものを敢えて挙げるとしたら
食べたものとミルの様子を書き留めたメモです。


頼りない内容ですが、今年の春先からずっと気になっていたことだったので
記録としてブログに書きました。
またミルがおひげちゃんになるべくならないように
健康に過ごせるよう気を付けたいです。


健康診断

10-26,2016


この日の朝はなぜか朝ごはんをもらえず不本意なミルです。




つらいときは目が細くなるミル^^;

なんも たべさせて くれへん


この日は健康診断でした。
ララちゃんも一緒に行ってくださって心強かったです。


お迎えの時間に行くとなぜかエリザベスカラー装着で出てきたミル‥‥。
「怒っておられたので~」とのこと。
不良のワルちゃんとして病院では過ごしていたようです(o_o)
お手数おかけして本当に申し訳ありませんでした。


ひと仕事終えてララちゃんと撮影。

トリミング直後のララちゃんと並ぶとちょっと違う犬種に見えなくもありません。


健康管理に気をつけないといけないと改めて思うミル母でした。
今回検査してよかったです。

歯石取りました

08-27,2016


いつかは取ろうと思っていたミルの歯石を取ってもらいました。
いろいろ読んで私なりに理解したうえで動物病院でお願いしました。

わたし がんばってん


歯科レントゲンを撮っていただいたので
ミルの歯で気を付けたほうが良いことを
先生にたくさん教えていただけました。
今後の歯磨きに役立てようと思います。


デンタルケア用品についても教えてもらいました。
歯石を取れやすくすると銘打っているスプレーやジェルのなかで
アルコールを含むものはその先生は勧めないとのことでした。
先生曰く、人間とは違いキシリトール入りは禁忌とのこと。
でも結構アルコールやキシリトール入りの商品が出回っていますので
諸説あるのかもしれません。


ありがたいことに処置後ミルは元気にしています。


やはり病院に預けての処置は不安でしたので
出来るだけ口の中の環境が良い状態をキープすべく
歯磨きを頑張ろうと思います。